移動支援事業

中山間地域や交通空白地帯といわれる生活圏における移動困難地域を主な対象として、自治体や地域団体と連携した、移動支援の取り組みを進めています。

しかし私たちは単に、タクシーやバスなどの地域交通の代替手段を提供する団体ではありません。また介護タクシーや福祉移送を行う団体でもありません。

「支えあい」の地域モデルづくり

私たちイーモビネットは、都市部に比べてますます格差が広がる地方における「生活圏移動」の問題を、次世代モビリティやIoTなどの先進技術と、「人」を中心とした「地域内・地域間の支えあい」活動を統合することで、地域内のコミュニケーションを活性化させ、人口減少や少子高齢化が進展する日本の地域における、新しい地域モデルづくりを進めています。

関連する事業はこちら ⇒ 移動支援(おでかけ支援)モデル事業

活動実績はこちら ⇒ どこいこかー・ましき