代表者メッセージ Messege

熊本発・九州発の新たな社会モデルを、一緒に楽しく創りませんか?

代表理事 鶴岡 良一

「イーモビネットって、何をするNPOですか?」とよく尋ねられます。

福祉、観光、まちづくり、教育・・・、一般的な非営利団体の活動分野と違って、私たちの取り組みは幾分解りにくい(笑)。何故なら、私たちの活動分野は、そのほとんどの領域に当てはまるものだからです。

イーモビネットは、地域で暮らす人々、地域に訪れる人々、その基盤となる地域内の「移動(モビリティ)」の課題を、行政機関でも営利企業でもない、第三のセクターである非営利団体として解決しようとする、新たなカテゴリのNPO法人です。

電気、ガス、水道、通信・・・、これらは地域の生活に無くてはならないものです。加えて、「移動(モビリティ)」も実は重要な社会インフラの一つです。特に少子高齢化・人口減少が加速する地方都市、中山間地域、離島・半島では、地域交通の衰退やマイカーに寄れない高齢者の増加により、その「移動(モビリティ)」の課題は深刻な社会問題の一つとなっています。

公共投資をして道路や港湾を整備する、赤字の地方路線バスに税金を投入し続ける、最先端のテクノロジーや国家プロジェクトを誘致する、それだけで地方が活力を取り戻すことはまずありません。それぞれの地域にとって重要なのは、かげがえのない「人を中心とした社会インフラ」なのです。

私たちイーモビネットのミッションは、特に経済性が成り立ちにくい地方の生活圏における「移動」の課題を、電気自動車や自動運転車などの次世代モビリティやIoTなどの先端テクノロジーに「地域の人々」を組み合わせ、持続可能な社会モデルを試行していくことです。更にはそれを地域の人たちと一緒に「楽しく」創り上げていくことです。

安全・安心で経済的な地域内の自由な移動は、そこに暮らす人、その地域に訪れる人を必ずや笑顔にします。笑顔が無ければ、人は集まってきませんし、楽しく面白くなければ、それを持続させることは出来ません。「いーもび」は、地域の「元気なシニア」「活動的な女性」「好奇心旺盛な若者」を求めています。

地域が抱える課題はたいへん重たく深刻ではありますが、やることは楽しく、笑顔で、面白く。皆さまのご協力、ご支援を是非とも宜しくお願い致します!

NPO法人イーモビネット 代表理事 鶴岡 良一
(TSURUOKA Ryoichi)

 

【代表者プロフィール】
1962年福岡県柳川市生まれ。

エネルギー関連企業で研究開発職や経営企画職を歴任。2012年より営業現場の長として着任した熊本地域では、自治体などと連携した電気自動車インフラの普及促進事業に注力し、熊本県内の道の駅では急速充電ステーション導入のシェアNo.1を誇る。
その傍ら、イーモビネットの活動を通じて、天草や阿蘇などの観光振興・地域活性化などの取り組みを進めている。

主な経歴

1985年 佐賀大学理工学部電気工学科卒業。
2008年 九州大学経済学府産業マネジメント専攻(九州大学ビジネススクール)にてMBA取得。
2014年より、くまもとエネルギービジネス推進協議会理事。
2016年 「着地型観光による離島・半島の活性化と次世代モビリティ」をテーマとした研究が、公益社団法人九州経済調査協会の「地域研究助成事業」に採択され、溝江建設賞を受賞。
2017年 天草地域雇用創出協議会「ICT活用観光戦略立案」セミナー講師。